Kohsuke endo

記事一覧(47)

別れがあるから出会いがある。

チョコ

今日は自分がブルームに入った時にレセプショ二ストだった先輩が何年ぶりにお店に来てくれたのだが懐かしいですよね。すごくお世話になったし色々相談したりアドバイスもらっていた気がする。そんな先輩はお酒を飲むのが好きでsnsの発信はもっぱらビール。自分も今日久々にあって話した話も『最近よく飲んでますね』と飲んでるイメージ。でもね先輩がこんな話をしてくれて『いつもビールの発信ばかりしてたからビールが送られてくるようになった』会社にお客さんや友人からビールがたくさん届くようになったらしい!!伝わってますかね?好きなことを発信していただけで好きなものが集まってくる。自分も美容師ですが、美容師って自分な好きなものとかって書いてないなっと。スタイル写真とかカラーとかアレンジとかもちろん大事だけどその人自身がわかる発信がないな。(自分をふくめて)だからタイトルが『チョコ』こう見えてチョコ好きらしい。らしいというのは一昨年の誕生日にやたらスタッフにチョコをもらうなと思って聞いてみたんですなんでチョコなのって?そしたら『えっ?いつもチョコ食べてますよね?』だって自分でも知らなかったけどその日から好きなもの。って書く欄があれば『チョコが好き』と書くようにしてます。あっ、別にチョコを遅れという記事ではないですよ・・・送ってもいいですが。セミナーに行かなくても日常にヒントが隠れている。そんな本日のブログでした。

楽しいってさ、きっとこういう事だよね?

結局楽しいかどうかなんて、自主的かどうかってことだけだよね?興味が無いものに人、苦痛や労働させられてる感があり、興味のあるものに関しては時間も惜しまないであろう。好きな事は、ご飯を食べなくても、寝る時間を削ってでもやり続けたい。それは自主的にやっているから楽しいのであって、好きでも無い事をもし、誰かにお願いされ食事の時間も寝る時間も削られたらどうだろう。答えはひとつだ。不平不満に愚痴しか出てこない、そして最後は誰かのせいにしてしまうであろう。好きな事に対して行動するものは、まず人のせいにしない。それを決めたのは自分だ。だからこそ成果が出る。結局楽しいかどうかなんて、自分がやりたい事を、やっているからじゃ無い?それでも自分が求め無い事もやらなきゃいけない時もあるかもしれない、それは「やらされてやるの」「自分流にやるの」それだけでも違うよ。どうせやる事が同じなら進んでやった方が楽しいし、結果もついてきて成長もさせてくれるだろう。だからいつも「ムスッ」としてる人は誰かのせいにしてしまう。自主的に参加できてないから。ある意味その人は自分自身に自信がないから人のせいにしてしまう。人のせいにした時点で全て終わってしまうのに。人生は、選択とチャレンジの繰り返ししかないから。

誰が言っているか?じゃないかな

同じ話をされても受け手側の感じ方は違ってくる。Aさんから聞いた話では、そそられ無いのに、Bさんから聞いた話は、なんだか楽しそうだからやってみようと思う。こんなやりとりってある。話が上手いか下手かももちろんあると思うが、相手に合わせた話し方が必要?と言うこと。小学生をワクワク行動させるポイントと大学生をワクワク行動させるポイントって違います。伝わっていますか??自分も1年目のアシスタントにはまず美容を楽しんで欲しい!アシスタントには社会人としてのモラルを知って欲しい!デザイナーは独り立ちできるように対応してる。店長にはかなり厳しく当たっている。それだけ責任のあるポジションだから。自分はお世辞とか言え無い人間なんで『良い物は良い』『悪い物は良く無い』と物事をはっきり言ってしまい嫌われることもありますが、それだけはっきりしてるので自分が良いと言った物は大抵スタッフは聞く耳を持ってくれることが多いです。『何でも良いは、どーでも良い』それは普段からの行動や発言ではないのか、普段からの発言が信憑性に変わってくる。今の時代口コミや評価という物は簡単に調べられるけど、知ら無い人が書いた口コミは溢れかえっていて逆に信憑性が欠けてきている。ネットの社会でもリアルでもやはりそこは『誰かの口コミより、仲の良い身の回りの方の口コミを信用しますよ』そういう時代。だからあなたは日々試されている。

コミニケーション能力

すでに能力コミニケーション能力が凄く大事だなっと最近とくに感じます。それはもともと自然にできて染み付いている人もいるし、意識してできる人もいるし、できてたものができなくなる人もいるし、最初から出来ない人もいる。コミニケーションってなんなの?『相手を知ろうという気持ち』なのでは?と自分は解釈するけど、何故そのような風に思うかというと、『相手を知ろうという気持ち』が無い人と話をすると、すぐ『自分の話になる』。『私はね〜』『私が学生の頃はね』など、良く言われるおじさま方の過去の武勇伝?にもっていかれるから若者は上司とは飲みに行かない。なんて話ありましたよね。本来は自分はそのような飲みの場で後輩の悩みが聞けたり、普段聞きたかったけど聞けない話とか、プライベートの話とか聞けてお互い、とてもいい場ではあると思うけど、傾聴力が無い人が世の中に増えてきたのかな。人はどちらかと言うと、お話し好き。だってその人の好きな事を喋ってる時って目もキラキラするし、次から次へどんどん話が出てくる。そんなもんでしょ?みんな?基本みんなおしゃべりだと思っています。美容師としていかに悩みを話しやすい自分でいられるかはすごく大事にしたい。言いやすい環境・言いやすい雰囲気・言いやすい聞き方 それは『相手を知ろうという気持ち』でしか無い。コミニケーション能力=相手へ興味興味が無いとコミニケーションは始まらないという事になる。

ご縁って絶対あると思う。

社会人になってから20年ぶりに繋がった学生の頃の友人がいて、その方はお肌トラブルに悩まれている方々に喜ばれる仕事をしていて、その方のお客様で美容室を探しているということでありがたいことに紹介いただいた。でもその友人・・・でもその友人は自分がカットして無いんですよ1回も。たぶんですが自分の『人』をみてくれたのかなっと勝手に解釈したのだが、そのほかにもSNSやブログなどで発信しているからなんとなく『このくらいの技術はあるんだろう』と思ってくれていたのかもしれ無い。知ら無いお店に紹介して嫌な思いをさせたら、その友人も信頼を失うだろうし、そう思うと純粋に紹介してもらえたことが嬉しいよね。一生懸命担当させてもらいました。信頼と関係性。美容室においてはこれしか無いですよね?長くご来店してるのに初回のような業務的ではさびいしい、馴れ馴れしくてもですよね。その物差しが『信頼と関係性』なんだなって。紹介いただいた方もすごく勉強かな方で、事前に自分のSNSやブログも読んでいてくれたみたいですごく嬉しかったです!やはり発信し続ける意味はあるなって。初めてだけど初めてでは無い感覚ってすごくお互いが楽ですよね。継続していればどこかで誰かに思いが届く!

手間がかかればかかるほど意味がある。

手間がかかればかかるほど意味がある。手間がかかればかかるほど誰もやらないから価値があると思いません?面倒くさい事ほどチャンスな気がします!誕生日に手紙を書いたとして、プリントアウトした定型文のバースデーカードと、ゼロから手作りで作り上げたバースデーカード。貰って嬉しいのは後者ですよね。その人の事を思って書いた手紙には手紙以上の思いも相手に伝わる。個に対して個で向き合う。だって誕生日に、好きでもない盆栽とかいくら値段が高いから良いものだってわかっても嬉しくないよもらっても。ちゃんと気持ちのこもった手書きのお手紙が1番いいです!それは仕事でもプライベートでも同じなんじゃないかな?コンビニのハンバーグは美味しいかもしれないけど、それを用意されているよりは、そんなに美味しくなくても手作りのハンバーグに愛を感じるよね。ブログも同じ。『毎日書くことねー』という前にまずパソコンの前に座ってサイトを開いてみる。まずはブログ内容の前にやってみよ。面倒くさい事ほど価値がある。いきなり結果の出るものなんてないよね?日々の積み重ねで、何事も継続した人が結果が出る。そんなものです。誰でもできることは、誰でもできるから、誰も出来ないから価値がある。

どんな職業だって

今の家に引っ越した時から管理人さんとは別に毎日建物をクリーンしている方が何人かいるのですが、一人だけいつも笑顔で挨拶や声をかけてくれる方がいて、そのほかの人にも挨拶するけど、こっちすら見てくれなく「おはようございます」という。本人たちの仕事は『クリーン』だから間違って無いのだけど。有名なこんな話がある教会を建てている入り口の壁を作っている人に、こう聞いてみるとQ『何をしてるんですか??』Aの人は『見ればわかるだろ、壁作ってんだよ。』あたかも怒られたかのような言い方Bの人は『教会の壁を作っているんだよ。』普通な意見ですよね。Cの人は『僕はここに笑顔で人が集まれる場所を作っているんだよ。』作っているモノもそうだけど、何かを体験出来る。そんなことを考えている。ようは、誰かに喜んでほしいと願って作っている。美容師は『見りゃわかるだろ!髪切ってるんだろ!』ではないですよね?みなさんはこの話を聞いてどう思いますか?髪のヘアスタイルを通じてその人のライフワークを豊かにするのが美容師。戦争をしてる国では美を追求しよう!とはなら無いです。その一瞬を生きれるか?その方が大事。美容師が美容師をやれるのは平和なのかもしれ無いですね。話は戻りまして。いつも朝挨拶をしてくれる方。当然名前も知ら無いんですよ。でもね今朝『足が悪くて今月で辞めることになったんです。』と言われ、その方のこと何も知ら無いけど涙が出てきて、いつも出勤する時、笑顔で『行ってらっしゃーい』って見送ってくれていて、それが当たり前になっていた自分がいて、「挨拶と笑顔だけでも関係性は築けるんだな」と。しかもわざわざ言わ無いで居なくなることだってあるのにちゃんと伝えてくれた。すごく嬉しかった。なおさら寂しくなるよ。