立場が変われば、何かを変えなければいけない。

『私は店長に向いてないんです』って例えばですがどう思います?自分は向いてるか?向いてないか?より『行動できてるか?できてないか?』が先だと思いますよね。


何もしてないのに『私は向いていない』って逃げてるだけで、せっかく任されているのだから何か行動してみたらいいんです。例えば多くの人の中でみんなが絶対リーダーになるチャンスって無いと思うんですよ。美容室で言えば店長ですよね。みんながみんなにチャンスは回ってこないし、『やりたい!』と思ってやらせてもらえるものでもないし。慣れただけでもラッキーだし、なってない人に比べたら雲仙の差の勉強になる。自分が経験してるから言える事だけど、その山のてっぺんは、いる人にしか見えない景色ってものがあって、良いものだけじゃなく悪いものだって見えてくる。でもね。それってそこにいるから気づけることで、登ってる途中の人には見えないのよ。だからみんなで景色が見えるように、背負って登ってあげても良いし、お尻を押してあげても良いし、手をつないで上がっても良いし、つまりリーダーってそんなポジション。一緒に高みを目指す。手段とか関係なくない?やれる手段を考えるべき。笑ってたいし、泣いたっていい。人間臭くていいよ。

入社したての新人がシャンプー下手でも、汗かいて真剣に一生懸命やっていたらお客様クレームじゃなくて応援するよその子を。店長だって真剣に汗かいて一生懸命やってたら下の子も文句言わずついてくるよ。

立場が人を変える事もあるのは間違いない。でもね立場なんて最初から関係ないよね。1年目のアシスタントだって、アシスタントだって、デザイナーだって、副店長だって、店長だって、オーナーだって!一生懸命やるっしよ?最初から決まってるんだそんな事。

『デザイナーになったら僕頑張りますよ!』
『僕が店長になったら良い店にしますよ!』
『僕がオーナーなったら人は辞めないお店を作りますよ』

って、今やろうよ!


誰かの足元と比べるより、自分の未来〈目標〉考えてワクワクしたほうが200倍楽しいです。間違いない!




0コメント

  • 1000 / 1000